作業療法士は医療がメイン
作業療法士という職業があります。 必要な資格である作業療法士は国家資格です。 学校養成施設を卒業する事で国家試験の受験資格を得ることが出来ます。 資格を取得してからの仕事の内容は、心身に障害を持つ人達が日常生活や社会生活を再び送れるよう、 そして心身機能の回復を促して身の回りの事も対処できる様にサポートをしていきます。 入浴、着替え、食事など日常生活を送る上で必要な機能を回復させていきます。

患者さんが自立して生活できる様、職場復帰なども患者さんと二人三脚で目指していきます。 その為、大学病院や小児病院、精神科病院などの医療の現場をメインに作業療法士は活躍しています。 職場となるのは、病院内にあるリハビリ室や入院施設があるような大きな病院であればリハビリを必要としている患者さんの病棟を回る事もあるでしょう。 回復期と呼ばれるリハビリステーションも職場となり作業療法士の活躍の場が多くなります。 患者さんが日常生活で必要な動作の回復をサポートするからです。

一般的に作業療法士と聞いてイメージが浮かびやすいのは、骨折をした患者さんの歩行訓練のサポートではないでしょうか。 けれどその他にも、発達期に障がいのある子供や認知症の高齢者なども作業療法士の力を必要としています。 これらの場合は特別養護老人施設や障害者授産施設などが職場となり活躍の場となります。 医療の現場以外でも作業療法士のサポートを必要としている人達が、たくさんいる事がわかります。